アダルトアフィリエイト後発組で稼ぐ方法!2020年の収益も公開中

アダルトアフィリエイトは2020も稼げる!

私がアダルトアフィリエイトに参入したのは2018年。

いわゆる「後発組」ですが、それでも2020年5月の売上(確定報酬)は約53万円です。

実際に2020年の今も、まだまだ現役で稼げていますよ!

ちなみに、私が取り組んでいる「後発組でも稼ぎやすいアダルトアフィリエイト」というのは、アダルト動画アフィリエイトです。

アダルト動画配信サイトへ入会させると、30~40%(キャンペーンなどで100%還元されることも!)が紹介料で入ってくる、成果報酬型のアフィリエイトで稼いでいます。

アダルトアフィリエイトにもいろいろ種類があり、大きく分けると4つのジャンルがあります。

アダルトアフィリエイトの種類・ジャンル

  • 出会い系(マッチングアプリ)アフィリエイト
  • アダルト動画アフィリエイト
  • ライブチャットアフィリエイト
  • アダルトグッズアフィリエイト

出会い系アフィリエイトやライブチャットは、自分のアフィリエイトサイトやブログから誰かが無料登録してくれると(お金を払わなくても)報酬が発生するので、初心者にも始めやすいアダルトアフィリエイトのジャンルとして紹介されていたりしますが…

実際のところ、アダルトグッズアフィリエイト=物販アフィリエイトでもそうですが、成果発生=報酬確定とはならないのが普通のアフィリエイトです。

ところが、アダルト動画アフィリエイトでは、成果地点は入会した時点で確定で、承認率はほぼ100%です。しかも登録者が退会しない限り、初月と同額の紹介料が毎月ずっと継続報酬として入ってくるので、1回入会させるだけで収入は雪だるま式に増えていくというモノ。

これが他のアダルトアフィリエイトの種類とは大きく違うところです。

このサイトでは、アダルトアフィリエイト=アダルト動画アフィリエイトということで話をすすめていきます。

アダルトアフィリエイトとは

私のやっている手法のアダルトアフィリエイトとは、月額制の有料アダルト動画サイトへ誘導・入会させることで、広告主であるASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)から紹介料を得られる、成果報酬型・継続報酬発生型のアフィリエイトです。

例えばカリビアンコムなら1ヶ月の利用料金は約5,000円で、その42.5%の約2,100円が紹介報酬として得られます。

そのユーザーがアダルト動画サイトを退会しなければ翌月以降も毎月ずっと、同じ金額を継続報酬として得られるのが、アダルトアフィリエイトの最大の特徴であり魅力です。

こういった有料のアダルト動画サイトを利用するユーザーは、大型連休やボーナス時期など景気の良いときには、6ヶ月プランの長期コースや複数サイトに同時入会なんてことも珍しくないので、報酬単価も高くなります。

とにかくアダルトアフィリエイトは続ければ続けるほど、また始めるのが早ければ早いほど、どんどん稼げる仕組みになっているのです。

アダルトということで(とくに大半の女性アフィリエイターには)抵抗があったり、ものすごい膨大なアクセスを集めないと稼げないんじゃないかという先入観があったり(その手法はもう10年以上前のもの)で、新たに参入してくるアフィリエイターは他ジャンルよりも多くありません。

つまり、こんなに稼げるのに、実はものすごい穴場だったりするのです。

一番稼げるASPは?

DTIアフィリエイトがおすすめです。今ならアフィリエイター登録するだけで5,000円もらえます。

DTIというASPは、アダルトアフィリエイトを行う上で最も重要なASPです。

カリビアンコムや天然むすめ、パコパコママなど、超人気で有名なAVサイトはここの傘下です。

複数のASPを使うとしても、実際にはDTIからのアフィリエイト報酬が全体の5~7割を占めることになるでしょう。

DTIでは年に何度か、紹介料70~100%キャンペーンなんていう太っ腹な企画もありますので、一番初めに登録しておきましょう。

アダルトが稼ぎやすい3つの理由

報酬率・単価が高い

物販アフィリエイトの報酬率はせいぜい5~10%ですが、アダルトアフィリエイトの報酬率は30~40%が当たり前です。

例えばDTIアフィリエイトの動画配信サービス「カリビアンコム」なら、30日プランで約2,100円が紹介料としてもらえ、先ほども言ったようにそのユーザーが退会しない限りは、次月以降もずっと継続報酬として、入会時と同じ報酬が入り続けます。

続けるだけで、ドンドン収入が積み上がっていく仕組みなんです。

承認率が高い=ほぼ100%

アダルト動画はデジタルコンテンツなので、アダルト動画サイトへ入会登録した時点で確定報酬となります。

デジタルコンテンツのため返品やキャンセルにならないので、入会=即確定で反映され、承認率は100%となるわけです。

これが出会い系や物販など他ジャンルのアフィリエイトでは、発生してから確定するまで1ヶ月以上待ったり、半分以上が承認されないなんてことも、珍しくありませんよね。

検索需要がすごく大きい

アフィリエイトの中でも王道の稼げるジャンルと言えば、クレジットカード・転職サイト・ダイエットなどがありますが、これら単一のビッグキーワードでさえ、月間の検索ボリュームは2~30万件です。

それが、アダルト動画系でははるかに上回る需要があるのです。例えば、アダルト動画サイトの名前である商標キーワード「カリビアンコム」は、1ヶ月に37万件以上も検索されています。

検索ボリュームが大きい=上位表示が難しい?

検索ボリュームが大きすぎると、ライバルに勝てないのではないか?強豪アフィリエイターで埋め尽くされてるのではないか?後発組が今からアダルトアフィリエイトに参入しても勝てないのではないか?

このように心配するかもしれませんが、大丈夫です。私自身が2018年半ばからアダルトアフィリエイトを始めた後発組であり、こんな私でも月に50万以上稼げていますから。

ちなみに運営しているアダルトサイトは2つだけ。そのうち売れている方のサイトが8割近い売上です。

アダルト動画にも稼げるジャンルがある

アダルトアフィリエイトはアダルト動画サイトへの入会を促すものですが、アダルト動画サイトと一口に言っても、たくさんのAVジャンルがあります。

熟女に素人、巨乳、マニアックなところではSMやスカトロ、同姓愛など。

アダルト系キーワードの組み合わせは無限大で、しかもそれぞれの需要が大きいんです。

マニアックな性癖ジャンルであればあるほど、扱っているアダルト動画サイトも少なく作品数も限られ、しかも単価も大抵高いので、アダルトアフィリエイトの中でもマニアックAVはおすすめですよ。

売れ始めると雪だるま式で増えていくアダルトアフィリエイトの収益

検索ボリュームの大きさと継続報酬のおかげで、普通のアフィリエイトジャンルよりも圧倒的に稼ぎやすいのがアダルトアフィリエイトです。

もしこれまでにアフィリエイトの経験があるのなら、普通に始めてもそこそこ稼げるはずです。

けれど、普通にやってコツコツ収入が伸びるのを待っているのは焦れったいですよね。アダルトアフィリエイトで早く大きく成果を上げるのには、やっぱりコツがあります。

まず、最初の1ヶ月が勝負であり、結論から言うとサテライトサイトと中古ドメインを駆使した「ブラックハットSEO」で加速させることが出来ます。

このサイトでは、その手法を解説しています。

中古ドメインや記事量産ツールを使うので、初心者よりも中堅アフィリエイター向けの手法です。それから完全に無料で済ませたい人にも不向きであることを、お伝えしておきます。

つまり本気でアダルトアフィリエイトに取り組む気のある人だけに実践してほしいやり方です。

ブラックハットSEOはスタートダッシュが肝

アダルトアフィリエイトの成功のコツは、アダルトサイトの作成時にかかっています。最初の1ヶ月でいかに効果的にスタートダッシュを切れるかが重要で、でもその代わりに、立ち上げた後は自動で放置できるので、量産も可能です。

アダルトアフィリエイトを成功させる3つのコツ

アダルトアフィリエイトで初月または翌月から成果を出したいなら、やるべきことはのポイントは3つだけです。

  1. ブラックハットSEO(2020年も効果あり実証済み)
  2. 有料ツールを使う
  3. アダルトサイト立ち上げまでの1ヶ月だけ頑張る

ブラックハットSEOを使う

2020年も効果があることを実証済みの、ブラックハットSEOで攻めます。

具体的には、中古ドメインでサテライトサイトを作ってメインのアフィリエイトサイトの上位表示を狙う方法です。

運営するサイトは6つ。メインサイト1つとサテライトサイトが5つ。メインもサテライトも全て中古ドメインを駆使し、WordPressでSEOに強いテンプレートを使います。

アダルトアフィリエイトをするには、アダルト可のレンタルサーバーが必要です。それにサテライトサイトはIPの分散が必須なので、IP分散サーバーも用意します。

複数あるサテライトサイトを手動で更新するのは厳しいので、記事量産ツールを使い完全自動更新で運用します。

有料ツールを使う

中古ドメイン、WordPressの有料テーマ、アダルト可のレンタルサーバー、IP分散サーバー、記事量産ツール、それから検索順位チェックツールなど、少なくともこれだけの有料ツールを使うことになります。

初期費用はザっと10万円ぐらいでしょうか。中古ドメインを安いものにしたり、手持ちの似たようなツールを使ったり、手動で頑張れるところは頑張ったりすれば、5万円ぐらいには抑えられます。

初期費用を少しでも抑えるには

中古ドメインや自動更新記事ツール、SEOに強い有料テンプレートなど、ゼロからそろえると正直けっこうな金額になります。

代替えが効きそうな手持ちのツールがあれば、そちらを使ってもかまいませんが、(WP有料テーマならAFFINGER、記事量産ツールならゴーストリライター3など)ツールそのものを切り捨てるのはおすすめしません。どれも欠かすことの出来ないものです。

上で紹介したツールの組み合わせが最強だと思っているので、可能な限りこの最強フル装備でスタートするのがおすすめです。成果の出るスピードが違います。

アダルトサイト立ち上げまでの1ヶ月だけ頑張る

アダルトアフィリエイトだけじゃなく、サイトの立ち上げは何かとめんどなことがありますので、初めの1ヶ月はそこそこ忙しいかもしれません。

中古ドメインを取得したり、それらの強さをテストしたり、メインサイトのコンテンツ作成やサテライトサイトの同時構築など、これらが終われば後はすることもないので、頑張りましょう!

本気で稼ぎたい人、といった理由には初期投資のことぐらいで、それ以外で(日々の作業面など)苦労するところは実はほとんどありませんので、ご安心ください。

私のメインサイトの記事数も、20ページもありません。毎日記事を書いたり更新したりしなくていいですし、サテライトサイトは記事量産ツールのおかげで100%自動更新です。

初めだけちょっと気合を入れてサイト構築を乗り切れば、だいたい2ヶ月目から(早い人なら初月から)ポツポツ成果が出始めると思うので、一緒に頑張りましょう!

アダルトアフィリエイト収益を公開中

実際にこのやり方で稼いだ成果を、ASPの報酬画面とともにボカシ無しですべて公開中です。

3ヶ月後、6ヶ月後の自分をイメージすることで稼ぐモチベーションも維持できると思うので、思い切って公開しています。

もし不都合が出れば、収益報告は今後やめるかもしれませんので、その時はご了承ください。

アダルト以外のジャンルのアフィリエイトでも効果あり

2020年の現在も、ブラックハットSEOと有料ツールの効果はバツグンです。

そして驚いたことに、アダルトアフィリエイト以外のアフィリエイトジャンルでも試してみたところ、今年2月に新しく開設したサイトが、たったの2週間で狙ったキーワードで検索2位になり、その甲斐もあって開設後30日間で26万円を達成してしまいました!

このときに狙ったキーワードは、月間検索ボリュームが約7,000で、商標キーワードとの複合キーワードです。

ASPのアフィリエイトタグを貼った翌日に成果報酬が1件発生したのです。

応用してみたら、やっぱり他でも通用する手法でした。

アダルトアフィリエイトにおいては、2018年5月から始めて(中古ドメインや有料ツールを最初から使いました)サイト立ち上げ2ヶ月後の収益が5万円ぐらいだったので、今回の結果には本当にビックリしています。

やはり有料ツールや中古ドメインを使ったからこその即効性であることは間違いありません。それにアダルトアフィリエイトには継続報酬があります。一度売れ始めれば雪だるま式にドンドン収入が増えていきますから、サイトにあまり手をかける必要もなくなるので、アダルト以外のジャンルにも取りかかれますね。

アダルトアフィリエイトのデメリット

良いことばかり書いても怪しいので、最後にアダルトアフリエイトのデメリットもちゃんとお伝えしたいと思います。

アダルトアフィリエイトの最大の欠点は(簡単に稼げるがゆえに)基本的なアフィリエイトスキルが身に付きにくいということが挙げられます。

アダルトアフィリエイトだけでも十分食べていける収入を得られるはずなので、デメリットにもならないかもしれませんが、他のジャンルのアフィリエイトもやりたいのであれば、スキルが上達しないというのはなかなか大きなデメリットかもしれません。

普通のアダルト以外のアフィリエイトでは、基本的に記事の更新というものがあるはずです。

その日々の記事作成により、ライティングスキルが向上したり、記事ネタを選定するためにトレンドに敏感になったりします。

記事作成にある程度慣れている知人のライターでも、1つの記事を完成させるのには2~3時間、ネタのジャンルによっては2日かかることも珍しくないと言っていました。

アダルトアフィリエイトは、そういった苦労に比べるとびっくりするほど作業が単純かつ簡単です。

特に私の稼いでいる方法のブラックSEO手法なら、アダルトサイトを最初に6つ立ち上げるだけで、その後はほとんど自動更新です。

あまりに暇なら同じような手法で複数のサイトを運営すれば良いので、収入は倍々で増えていきます。

サイト作成ツールはSIRIUSかWordPressどっちが良い?

アダルトアフィリエイトで使われているCMSで多いのは、数年前ならSIRIUSで、最近ではWordPressを使うのが一般的です。

ただWordPressのテーマの中にはアダルトサイトでの使用を禁止しているものもあるので、注意が必要です。

SIRIUSはアダルトサイトの運営も可となっています。

を使うのが一般的です。初心者はまずSIRIUSを利用するのがおすすめです。

SIRIUSのサイト作成ツールを使って作るアダルトアフィリエイトサイトは、 比較サイトや商標サイトが多いですね。

有料アダルトサイト比較のサイトなら、カリビアンコム・HEYZO・一本道の比較データや口コミをまとめたり、それらをランキング形式にしているアダルトアフィリエイターが多く見られます。

商標特化サイトであれば、カリビアンコムだけについてたくさんの記事を書くパターンもあります。1記事ごとに「カリビアンコム 入会方法」や「カリビアンコム 安全」のようなキーワードで書いていきます。

新しくオープンしたサイトなんかはSEOも上がりやすいですね。

1サイトの記事数が10~50ページぐらいまでのアダルトサイトを作りたいなら、SIRIUSも使い勝手が良いでしょう。

SIRIUSよりもちょっと難易度があがりますが、キレイなデザインで作りたいならWordPressがおすすめです。

SEO効果はどちらがいいか?といえば、数年前まではSIRIUSでしたが、現在は(もちろん使用するテーマにもよりますが)WordPressです。

WordPressはもともとブログの特徴をもっているので、更新型に適していますが、ホームページのような完成形(非更新)の形でも十分通用します。

もちろん、1記事1記事更新していくブログのようなサイトに適していますので、継続して記事を更新するのが苦でなければ、よりドメインパワー=サイトの強さも高まっていきます。

SEOに強いアフィリエイトの記事の作り方

アダルトアフィリエイトで上位表示されやすい記事を作りたいなら、大切なのは以下の4点です。

  1. 見出しタグの重要性
  2. 最適な文字数
  3. 検索意図を理解する
  4. 1記事1テーマ1キーワード

見出しタグの重要性

段落と呼ばれる見出しタグは最重要です。SEO上最も大切な要素といっても過言ではありません。

見出しタグにはH1~H6までがあります。

これらは書いている記事の内容がどんなものなのかGoogleに伝えるための要素で、書籍で言う目次みたいなものです。

本の目次を見れば、この本にはどんな内容がどの順番で書かれているかが分かりますよね。

サイトの場合は見出しタグが本で言う目次になるので、見出しタグを見ることで、どんな内容がどの順番で書かれているサイトなのかをGoogleは判断します。

見出しタグの正しい設置方法についてですが、見出しタグにはH1~H6まであり、数字が小さいほど重要であることを表します。

H1タグは、記事のタイトルとなるので、基本的に1記事内で1度しか使いません。ここには必ず狙う=上位表示させたいキーワードを入れます。H1の文字数は32文字以内にします。

H2タグは、記事作成の要です。H2タグには狙ったキーワード(検索されるであろう言葉)を必ず入れましょう。

H3タグからは、キーワードを入れることは意識しなくて良いです。読者にとって読みやすくなるように必要に応じて作ります。

記事内で気にするところはH2とH3で、H4~はあまり使いません。

最適な文字数

1記事あたりの文字数は多ければ良いわけでは有りませが、逆に少なすぎるのもダメです。

最適な文字数は、狙ったキーワードで実際に検索してみて、現在上位表示されているサイトの文字数をチェックしてみることです。

上位10サイトぐらい見れば、5000文字とか7000文字とか、大体の目安がつかめます。

文字数が直接的にSEOに関係するものではないと言われていますが、実際に1記事あたりの文字数が多いほうが上位表示されている傾向を見ると、やはりGoogleは文字数を評価していると判断でkします。

少なくとも3000文字、長くても10000文字ぐらいの記事が好まれている印象を受けます。

これは文字数で評価されているわけではなく、質の高いコンテンツを作っていたら文字数が多くなったという結果です。

検索意図を理解する

検索キーワードを意識すると言われていますが、そもそも検索とは何でしょうか。

検索とは読者からの「質問」であると考えています。よくGoogle先生に聞くという言葉を聞きますが、まさに聞くとは質問をしているわけです。

検索するときのキーワードを考えると全て質問になっています。

検索キーワードが「ランチ おすすめ」の場合は「おすすめのランチのお店はどこ?」と質問しているわけです。

それに対して記事とは「質問に対する答え」です。あなたが作る記事が読者の質問に対する答えになっていないといけません。

アダルトサイトA 安全性と検索してきた読者は「アダルトサイトAの安全性はどうなの?」と質問しているわけです。

作っている記事が質問の答えになっているかという視点で常に記事を書くことが一番SEO対策で大切なことです。

1記事1テーマ1キーワード

1つの記事では、1つのキーワード=テーマを書くことが重要です。

欲ばって複数のキーワードを狙ってはいけません。読者からの質問は常に1つなのです。

基本的にSEOを意識した記事というのは、「検索されたキーワード」に対してその検索結果に上位表示される記事を作ります。

「カリビアンコム 安全性」という検索キーワードを想定した記事を作る場合は、カリビアンコムの安全性についてだけ書かなければいけません。

ここで他のアダルトサイトの安全性については不要ですし、関連してそうだからといってカリビアンコムの動画の内容について書くことも不要です。

タイトルとURLをコピーしました